総合トップへ

小・中学生

   ホーム  >  小・中学生  >  児童扶養手当

児童扶養手当

最終更新日 [2018年4月2日]  

 父親(または母親)がいない児童、あるいは父親(または母親)が重度の障がいをもち児童を監護している母親(または父親)、父親または母親に代わって児童を養育している方に支給されます。


 この制度には、所得等の制限があります。

児童扶養手当を受けることができる人

次のいずれかに当てはまる児童を監護している母(または父)又は母(または父)に代わって児童を養育している人が受給できます。

(1)父母が婚姻を解消した児童
(2)父または母が死亡した児童
(3)父または母が政令で定める程度の障がいにある状態にある児童
(4)父または母の生死が明らかでない児童
(5)父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童

(6)父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
(7)父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
(8)母が婚姻によらないで出産した児童

※ただし、次のいずれかに当てはまるときは手当を受給できません。
(1)日本に住んでいない。
(2)父または母と生計を同じくしている。
(3)里親に委託されている。
(4)児童福祉施設に入所している。

注)
児童とは…18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童(政令で定める程度の障がいの状態にある場合は20歳未満)
養育とは…児童と同居し、監護し、生計を維持していること。

手当額

手当の額は、請求者又は配偶者及び扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の前年の所得によって決まります。(1~6月申請の場合は、前々年の所得による)

所得制限限度額表による額以上の所得がある場合には、資格認定されても手当は支給されません。

 

児童数 1人の場合 全部支給 42,500円
児童数 1人の場合 一部支給 42,490~10,030円
2人目の場合 5,020~10,040円加算
3人目以降の場合 3,010~6,020円加算

 

 

※ここで言う児童数は、18歳到達後の最初の3月31日より前にある児童数です。

手当の支給

支給日 支給対象月
12月11日 8月~11月分
4月11日 12月~3月分
8月11日 4月~7月分
※支給日が土日祝日にあたるときは、その直前の金融機関営業日に変更になります。

申請に必要な書類等

(1)児童扶養手当認定請求書
(2)戸籍謄本 1通(省略なし)
 ※母子(または父子)で戸籍が別々の場合は 各1通ずつ
(3)印鑑及び預金通帳の写し
(4)健康保険証の写し
 ※母子(または父子)ともに同じ保険証に入っているものが必要です。
(5)養育費等に関する申告書
(6)公的年金調書(年金手帳を基に聞き取りを行います)
 ※年金を受給している場合は、年金証書の写し
(7)賃貸物件にお住まいの方は、賃貸契約書の写し

※その他、認定事由によって他の添付書類が必要な場合があります。詳しくは、子育て支援課までお尋ねください。

この情報に関するお問い合わせは
子育て支援課
電話:(096)248-1162
ファックス:(096)248-1196
メール kosodate@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム