総合トップへ

高校生以上

   ホーム  >  高校生以上  >  高校生以上への子育て支援

高校生以上への子育て支援

最終更新日 [2018年5月17日]  

高校生以上への子育て支援

 

合志市奨学資金

合志市では、向学心に富み、有能な素質を持ちながら、経済的理由により就学が困難な学生・生徒に対して奨学資金の貸付を行なっています。

 

●奨学生の条件

(1)奨学生の保護者が合志市民であること。

(2)大学・短期大学・高等専門学校、高等学校および専門学校に在学中であること。

(3)経済的理由により、学費の支払が困難であること。

(4)日本学生支援機構、その他(地方公共団体・公益法人・学校法人)の学資の貸付を受けていないこと。

 

●申請手続き

募集時期:4 ※申請される方は、次の書類を4月末日(末日が土日の場合はその前日)までに教育委員会に提出してください。

(1)奨学資金申請書    (2)奨学生推薦書   (3)保証書(連帯保証人2) (4)家族調書

(5)家族全員の所得証明書 (6)家族全員の住民票 (7)在学証明書

※(1)から(4)の用紙は合志市教育委員会にあります。

 

●貸付期間および金額

貸付期間は、奨学生が在学する学校を卒業するまでの期間。貸付金額は下記のとおりです。

 

 

国立および公立

   私     立

        高等学校の生徒

  (高等専門学校の第3学年までに在学する学生を含む)

月額20,000円

       月額23,000円

大学および短期大学・専門学校の学生

(高等専門学校第4学年以上の学年に在学する学生を含む)

月額23,000円

   月額30,000円

 

[問い合わせ先] 合志市教育委員会学校教育課 TEL096-248-2366

 

日本学生支援機構奨学金

 

日本学生支援機構は、独立行政法人日本学生支援機構法に基づいて、平成16年4月に設立され、教育の機会均等に寄与するため学資の貸与その他学生等の修学援助を行なうこと等により、次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資することを目的としています。

※日本育英会の奨学金は、日本学生支援機構奨学金に引き継がれました。

 

●奨学生の条件等

短期大学・大学・大学院・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生および生徒を対象とし、学校長の推薦を受けた申込者について選考のうえ採否を決定します。選考は人物・健康・学力・家計について基準に照らして行ないます。

 

[問い合わせ先] 独立行政法人日本学生支援機構  TEL.0570-03-7240(ナビダイヤル)

             URL.http://www.Jasso.go.jp/

 

熊本県育英資金

 熊本県では高等学校、高等専門学校、専修学校および大学・短期大学に在学する生徒または学生で、経済的理由により修学が困難な人に対し、奨学金の貸付を行なっています。

 

●申請資格

(1)申請者が生計を一にする生計の主たる維持者が熊本県内に居住していること 

(2)経済的理由により修学が困難であると認められること。

(3)高校等又は専門課程等に在学する者は勉学に意欲があること。大学・短期大学に在学する者は学力にすぐれていること

(4)日本学生支援機構(旧 日本育英会)、その他法人等から現に育英資金に相当する学費の貸与を受けていないこと

 

[問い合わせ先]熊本県教育庁高校教育課  TEL.096-333-2682  FAX.096-384-1563

 

 

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
学校教育課 総務施設班
電話:(096)248-2366
ファックス:(096)248-2377
メール kyoiku@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム